2010年11月08日

VOCALOIDの可能性

先日YAMAHAさんとの打ち合わせで

VOCALOIDの話が出ました。

VOCALOIDとは
「コンピュータ上で音声のパートの旋律と
歌詞を入力すれば、そのまま楽曲のヴォーカル
パートを制作することができる歌声合成ソフト」
のことです。

難しいのですが、
実際の人の歌声から収録した「歌声ライブラリ」というデータベースを
用いて合成を行うので元の歌声の性質が残りリアルな歌声の合成音を得る
ことができるのだそうです。

(詳しくはYAMAHAさんのVovaloidのサイトをご覧ください)

http://www.vocaloid.com/jp/introduction.html

有名なところでは、
クリプトン・フューチャー・メディアの
初音ミクだと思いますが、

自分がはじめて知ったのはこのPVでした。




こんな感じで誰もが音楽を自由に
作れて、発信することができることで
あっという間に世の中のトレンドになったり
あっという間に世界にも伝えることができる
時代になりました。

また、このような初音ミクに続き

猫村いろは

images-1.jpeg

「ハローキティといっしょ!」も発売され

images-3.jpeg

単なる音楽という範疇を超え、
ジャパニメーションという付加価値のついた
音楽が世界中に広がり、アニメおたくだけでなく
みんなが認める新しい文化として
日本からどんどん発信していけると
良いなと思います。


GLOBEも
その一翼を担うべくキャラクターを
発信していこうと思っています。


宮崎潤


posted by グローブ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

新しいアートブック zine

先日、渋谷の 

ディクショナリー倶楽部アートスクールで

行われました SONYの

SCHOOL OF Love zineに参加してきました。

zineとは、新しいムーブメントで

アートブック作りのことです。

詳しくは、以下のSONYのサイトをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.sony.jp/ichigan-e/lovezine/feature.html

講師はカメラマンの田島一也さん(Tajjiemax)

以下の写真は、

当日隣の教室の講師、

坂本美雨さんの

レイルウェイのどこかで という作品です。

01.jpg

03.jpg

04.jpg



参加者は若い方ばかりで、

すこし気後れしてしまいましたが、

参加して学ぶことに

意義があるということを自分に言い聞かせて

意識を集中させました!(笑)

参加するとその場でSONY のデジタルカメラ “α” を

貸していただき、zineに対しての説明を受けた後

早速、代々木公園へ撮影に向かいました。




当日は天気も良く本当に撮影日和でした。晴れ

全くどんなものを作るかなどと考えて出かけなかったため、

はじめは戸惑ってしまいましたが、

撮影し始めると意外に何を撮影したいのか

まとまってきたので、

散歩感覚でゆっくり約1時間撮影いたしました。




撮影終了後、スクールに戻り

自分の撮影した

写真をBOOKにする作業になりました。

自分の作品は

残念ながらパソコンソフトの不具合から

完成品にはなりませんでした・・・とほほ

しかし、出来上がったみんなの作品を見て

ほんとうにびっくりするほどクオリティが高く

作品としての完成度にも驚かされました。

自分も広告業界に長くおりますが、

若いひとたちの感覚の鋭さ、

アートセンスの良さ、

また、

きちんとコンセプトを持った作品に感心させられました。



自分もこの経験を大切にし、

良いアートに触れること

自分が良いなと思える感覚を持つことが大切なんだと

いうことを学べだとっても有意義な一日でした。


田島さんいろいろありがとうございました!



宮崎潤










posted by グローブ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

オーマイ ゴッド ウイルス

昨日 劇団スーパーエキセントリックシアター

オーマイ ゴッド ウイルス

観てきました。

池袋にあります、東京芸術劇場の中ホールでの

公演になりました。

1162213094616_655932image.jpg

中ホールといいつつ、とても大きなホールで

ほぼ満席の中公演が始まりました。

内容をお話しするのは申し訳ないのでいたしませんが

のっけから、笑い、笑い、大笑い!

三宅裕司さんが最後におっやっていた通りの

“冒険活劇”なので 歌あり 踊りあり

立ち回り(殺陣)あり

あっという間の満足した2時間15分でした。

この満足はどこからくるのか考えてみると、

演劇でも音楽でも生に触れることの

大切さなんだなと、

直接五感で体感することで、感動の大きさが違うんだなと

つくづく思いました。

この感覚をお客様に持っていただけるような工夫を

自分なりに考え進めたいと思います。


今月10月17日(日)まで

やっていますので、時間のある方は是非

ご覧ください。晴れ


GLOBE 宮ア潤









posted by グローブ at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。