2010年11月08日

VOCALOIDの可能性

先日YAMAHAさんとの打ち合わせで

VOCALOIDの話が出ました。

VOCALOIDとは
「コンピュータ上で音声のパートの旋律と
歌詞を入力すれば、そのまま楽曲のヴォーカル
パートを制作することができる歌声合成ソフト」
のことです。

難しいのですが、
実際の人の歌声から収録した「歌声ライブラリ」というデータベースを
用いて合成を行うので元の歌声の性質が残りリアルな歌声の合成音を得る
ことができるのだそうです。

(詳しくはYAMAHAさんのVovaloidのサイトをご覧ください)

http://www.vocaloid.com/jp/introduction.html

有名なところでは、
クリプトン・フューチャー・メディアの
初音ミクだと思いますが、

自分がはじめて知ったのはこのPVでした。




こんな感じで誰もが音楽を自由に
作れて、発信することができることで
あっという間に世の中のトレンドになったり
あっという間に世界にも伝えることができる
時代になりました。

また、このような初音ミクに続き

猫村いろは

images-1.jpeg

「ハローキティといっしょ!」も発売され

images-3.jpeg

単なる音楽という範疇を超え、
ジャパニメーションという付加価値のついた
音楽が世界中に広がり、アニメおたくだけでなく
みんなが認める新しい文化として
日本からどんどん発信していけると
良いなと思います。


GLOBEも
その一翼を担うべくキャラクターを
発信していこうと思っています。


宮崎潤


posted by グローブ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。